はじめてのリップル(xrp)のウォレットはどれがベスト?ペーパー?ハードウェア?

はじめてのリップル(xrp)のウォレットはどれがベスト?ペーパー?ハードウェア?

ウォレット

ほぼ毎年おきる仮想通貨の流出事件から自分の大切な資産を守るために、仮想通貨の保管には気を付けなければダメですが、Ripple(XRP)を保管する方法として、ベストなものはどれなのか考察していきます。

Sponsored Link

ウォレットとは?

そもそもウォレットって何?という方向けに簡単に説明すると、ずばり「仮想通貨を入れるための財布」です。現在では仮想通貨はそれほど決済に使えませんが、将来的には何らかのお買い物、決済に使われるために作られています。その買い物に使うための仮想通貨を入れておく財布がウォレットです。

Sponsored Link

目的別のウォレットを複数持つ

すこし考えてほしいのですが、あなたは普段持ち歩いているお財布に、何百万円もの大金を入れて持ち歩きますか?

歩かないですよね!

取引所の口座に仮想通貨をすべて預けっぱなしにするということは、普段使いの財布に大金を入れて持ち歩いているようなものです。当然、どこかに置き忘れることもあるし、スリにあうことも、落とすこともあるでしょう。

そうならないために、普段使う分だけ財布に入れて、それ以外の資金は銀行や金庫など安全に保管できる場所に預けていると思います。

頻繁につかう資金は取引所の口座

これとまったく同じことが、仮想通貨でも当てはまります。すこしややこしいのが、仮想通貨的には頻繁に普段使う財布が取引所の口座で、安全に保管するための場所がオフラインのウォレットです。法定通貨の逆ですね。

トレードや決済に使う分はすぐに資金移動できるようにするため、仮想通貨取引所の口座に預けておくようになるのですが、その口座もできるだけ堅牢な取引所を選んでください。

Ripple(XRP)を預けておくなら、Bitbank(ビットバンク)がおすすめです。コールドウォレットで保管しているうえに、マルチシグ対応ですのでかなり安全な保管先だといえます。

コールドウォレットとは

コールドウォレットの詳しい説明はこちらです。

コールドウォレットとはインターネットと完全に切り離されたウォレットのことを指し、一般的にオフライン環境であってもスマートフォンやPCに秘密鍵を置いたものをコールドウォレットと呼ぶことはありません。コールドウォレットを利用することで、ユーザーはバックドアなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなくなります。コールドウォレットの種類としては、秘密鍵を紙に書き記した「ペーパーウォレット」、金属やコイン、または安全な専用デバイスなどで秘密鍵を管理する「ハードウェアウォレット」があります。コールドウォレットはインターネットに対して極めて安全な一方で、物理的に秘密鍵を保管しておく必要があることから、現実の窃盗や紛失に弱い面もあることは認識しておく必要があります。また、支払いなどには使いにくいことから、コールドウォレットはあくまでも保管目的で用いられ、日常の財布には別のウォレットを併用して利用することが多いです。

Bitbankホームページから引用

引用先でも書いてありますが、コールドウォレットはあくまでも保管目的で用いられ、日常の財布には別のウォレットを併用して利用することが多いです。使うための認証などが多いため、簡単に資金移動することができないためです。

マルチシグとは

マルチシグとは、ウォレットの残高の移動をするために、複数人で承認が必要となる仕組みです。ウォレットの秘密鍵が流出したとしても、攻撃者以外の複数人の電子署名がなければ資金移動ができなくなるような仕組みを作れるため、ウォレットがより堅牢となります。

Sponsored Link

Ripple(XRP)におすすめのウォレット

僕は2つのウォレットを使いわけていて、トレーディング用と長期保管用に分散しています。僕が使っているおすすめのウォレットをご紹介します。基本的にはすべて自前のコールドウォレットにいれて保管していますが、トレーディングを行う際に取引所のウォレットに送金し、トレード終了後に自前のコールドウォレットに戻しています。

トレード用ウォレット

トレード用のウォレットは不正アクセスなどの攻撃から安全に資産を守ってもらう必要がありますので、取引所ウォレットの中でもコールドウォレットとマルチシグに対応している口座を選ぶ必要があります。

XRPを安全にトレードできるおすすめの取引所は2つ。

・bitbank

・Quoinex

特にbitbankはコールドウォレットとマルチシグに対応しているうえに、取引手数料が無料のため、短期で複数回取引する場合のコストが最安です。

長期保管用コールドウォレット

自分で保管するためのおすすめのコールドウォレットは2つ、ペーパーウォレットとハードウェアウォレットがあります。これ以外にもデスクトップウォレットやモバイルウォレットがありますが、その仕組み上、仮想通貨保管専用のPCを用意するためのコストがかかったり、ネットにつながっていたりするためおすすめしません。僕が使っているのはハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレット

物理的な用具(紙から専用の電子機器まで)で秘密鍵やパスフレーズを保管できるウォレットをハードウェアウォレットと言います。ただし、紙にペンで秘密鍵を書き写したものはペーパーウォレットと呼ばれることも多いため、一般にペーパーウォレット以外をハードウェアウォレットと呼ぶことが多いようです。代表的なハードウェアウォレットには、Trezor、Ledger、Case、KeepKey、Cryptosteelなどがあります。

bitbankホームページから引用

この代表的なハードウェアウォレットの中で、XRPに対応しているのはLedger社のウォレット「LedgerNanoS」です。僕もこのウォレットを使用しています。PCがあれば簡単に入出金ができますので、おすすめです。

詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

ただし、買い方にはご注意を。中古品や正規ルート以外からの購入には、ウォレット自体に不正アクセスのための仕組みを組み込まれている可能性がありますので、ハードウェアウォレットを購入する場合は正規代理店からの購入をおすすめします。

ペーパーウォレット

電子機器で秘密鍵を管理するハードウェアウォレットに対し、ペーパーウォレットは紙にウォレットのアドレスと秘密鍵を印刷し保管します。紙ベースなのでコストがかからず、利用しやすい反面、印刷物ですので、インクがすれたり、読み込めなくなったりするリスクがあります。また、紙媒体に秘密鍵が印刷されているため、第三者に見られてしまうと、盗難されるというリスクもあります。

bitbankとLedgerNanoSがお手軽で堅牢

結論、取引所はbitbank、コールドウォレットはLedgerNanoSを利用しておけば、2018年3月現在では最もお手軽、安全にXRPを保管できると思いますので、利用してみてはいかがでしょうか。

日本正規代理店(Earthship社)からの購入はこちらのバナーからできますのでご検討ください。

LedgernanoS

リップルカテゴリの最新記事