ハワイで活躍するクレジットカードはJCBとダイナース

ハワイで活躍するクレジットカードはJCBとダイナース

日本人に大人気のハワイ。日本人だけではなく、世界中から観光客が一年中訪れるためハワイではクレジットカードの利用が当たり前となっています。

ハワイはアメリカですので、当然チップ文化ですがこのチップもクレジットカードで払うことができます。

そんなハワイ旅行で活躍するおすすめのクレジットカードとお得な利用法をお伝えします。

 

Sponsored Link

ハワイに持っていくカードにあってほしいサービス

現金が必要になったり、ショッピングや観光で疲れたらちょっと休憩できたり、買い物したものの破損や盗難に対する保証、海外旅行保険など、ハワイ旅行に持っていくカードに付いていてほしいサービスをまとめていきます。

ドルの調達に便利なキャッシング機能

ハワイはクレジットカード社会なので基本カードでOKです。1ドルくらいの買い物でもカードを使うのが普通なのですが、どうしても現金が必要な時があります。

そんな時に便利なのがクレジットカードのキャッシング機能。空港屋ホテルでドルに両替するとレートが悪く、高額な手数料がかかりますが、キャッシング機能を使うとレートは当日の実効為替レート、かかる費用は金利のみ、とお得になります。

キャッシングでかかる金利は年利で15から18%と高く利用するのに躊躇してしまいますが、借りる期間が短いのでそんなに金利は支払わなくてもOKです。帰国後すぐに返してしまえば少額の金利で現金を用意できます。

期間1週間で10万円借りた場合でもかかる金利は345円くらい。両替商を通すよりお得です。

ラウンジでの休憩

クレジットカードを保持しているだけで、休憩や旅行のサポートをしてくれるラウンジがハワイには何か所かあります。

ハワイにあるクレジットカードラウンジ一覧

  • ohanaラウンジ
  • RakutenCardラウンジ
  • JCBプラザラウンジ
  • LeaLeaラウンジ

ohanaラウンジ、RakutenCardラウンジ、JCBプラザラウンジはDFSに、LeaLeaラウンジはロイヤルハワイアンセンターにあるため買い物途中の休憩や荷物の預入、ネットでの情報収集、タクシー手配等何かと便利なので、ラウンジアクセスのできるクレジットカードを持っていきましょう。

ohanaラウンジが利用できるクレジットカード一覧

  • UCカード
  • セゾンカード
  • ジェイアイカード
  • MUFGカード
  • JTBカード
  • UFJカード
  • DCカード
  • VJAグループ
  • ニコスカード
  • エポスカード
  • アプラスカード
  • オリコカード
  • ジャックスカード
  • JCBカード
  • 楽天カード
  • ダイナースクラブカード
  • 三井住友カード

RakutenCardラウンジが利用できるクレジットカード

各種楽天カード(ブランド問わず)

JCBプラザラウンジが利用できるクレジットカード

各種JCBカード

LeaLeaラウンジが利用できるクレジットカード

各種ダイナースクラブカード

ショッピング保険

治安がいいとはいえ、ハワイも外国です。日本と比べるとぜんぜん治安が悪いため、盗難なども普通にあります。せっかく購入したものを盗まれたり壊されてしまったら、楽しい旅の思い出が台無しです。

ショッピング保険機能が付いていれば、物は帰ってきませんが、お金は帰ってきますので少しは気分が晴れますね。

トロリーに乗り放題

広大なワイキキの観光にはトロリーが便利です。何本か路線がありますが、ピンクラインとLeaLeaトロリーに乗れるクレジットカードがありますので持っていればお得です。

ピンクライン運行マップ

ホノルルのメジャーなホテルやショッピングセンターを周回しますので、買い物にすごく便利です。大人も子供も片道2ドルの運賃がかかりますが、JCBカード保持者は保持者と同伴の大人1名、子供2名までカード提示で無料になります。

LeaLeaトロリーの一日無料乗車券は一般ダイナースクラブカードであれば、カード保持者と家族カード会員のみ、ダイナースプレミアムカード保持者なら同伴者全員が無料となります。

ピンクラインと比べると、停留所と本数が多いため利便性が上がりますが、LeaLeaトロリーを無料で利用するためには一度LeaLeaラウンジに行き、無料乗車券をもらう必要があるので、カード提示するだけでOKのピンクラインと比べると少し不便です。

海外旅行保険が充実している

クレジットカードには海外旅行保険が付帯していることが多いですが、治療費用が多い保険がセットされているクレジットカードを持っていれば、突然の病気や旅行先でのけがなどの出費をカバーできますので安心です。

Sponsored Link

ハワイで活躍するカードはJCBとダイナース

ということで、ハワイ旅行で活躍するクレジットカードはJCBブランドのカードとダイナースのクレジットカードの2枚持ちがおすすめです。この2枚を保有していると、ハワイの旅を快適にするために必要なサービスがすべて網羅されています。

おすすめのJCBカード

ハワイ旅行に持っていきたいJCBカードは楽天カードです。

なぜ楽天カードがおすすめなのか?

それはJCBカードでのサービスであるJCBラウンジ、ピンクライン乗り放題と楽天ラウンジ、両方使えるからです。

楽天ラウンジはDFSのohanaラウンジの隣にあるため、ohanaラウンジ混雑時は楽天ラウンジ時を利用することが出きますのでおすすめ。

またJCBカードなのでJCBラウンジにもアクセスでき、ピンクラインも乗り放題です。

さらに楽天ゴールドカード以上なら、出発前の国内空港とホノルル空港のラウンジも利用できるようになります。

1枚のカードでたくさんの特典を受けられますので楽天カードはかなりおすすめです!

 

ダイナースプロパーとANAダイナースどっちがお得

もう一枚のおすすめクレジットカードはダイナースクラブカード。このカードがあればLeaLeaトロリー乗車券をもらえるのとLeaLeaラウンジへのアクセス、充実した海外旅行保険とショッピング保険がついています。

他のカード特典でワイキキにある高級ホテルに特別優待価格で宿泊ができたりします。

ダイナースクラブのオアフ島ホテル優待はこちら

取得難易度は高いカードですが、1枚持っていると非常に安心できるカードですのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link

それ以外のハワイおすすめクレジットカード

JCBとダイナース以外のハワイで活躍するおすすめのクレジットカードをまとめました。

SPGアメックス

SPGアメックスはワイキキに多いスターウッド系列のホテルでの特別待遇がうけられます。詳しくはこちらの記事にまとめてありますのでお読みください。

決済用のVISAカード各種

ほとんどの店でダイナースかJCBを使えますが、ごくまれに使えない場合に備えてVISAカードが一枚あれば安心です。もしマイルを貯めるならANA VISAカードがおすすめです。

クレジットカードカテゴリの最新記事