ハワイにできるだけお安く家族4人で行くためにやった事と旅行費用まとめ

ハワイにできるだけお安く家族4人で行くためにやった事と旅行費用まとめ

突然ですが、僕は南国が大好きです。出身が海の近くということもあり、きれいな海が好きなのと、南国独特のまったり時間が流れる感じ、焼け付くような太陽の日差しが大好きすぎて、毎年家族4人で南国TRIPしています。

今年から長男が秋休みのある学校に入学するため、

 

「今年の南国は10月やね」

「10月の沖縄って海入れんの?」

とか言いながら嫁と子供と計画を練ってました。

 

息子も中一になるし、英語圏に連れて行ってやりたい!と前々から思っていたこともあり、グアムに行こう!!となりました。で、マイルの保有数を見てみると家族4人でグアムまで行くにはちと足りない。

なので今年は陸マイラーとしては不本意ながら、ツアーでいこうかと話がまとまり、グアムツアーのパンフをいろいろ取り寄せてみると、僕らが泊まりたいホテルのツアーだとおおむね4泊5日で40万円くらいかかることがわかりました。

 

・・・40万も払うならグアム以外にも選択肢あるんじゃね!?

 

もともとグアム旅行にそんなに前向きじゃなかった僕は、速攻リサーチ。すると40万円切るくらいのお値段でハワイに行ける可能性が出てきました。

前段が長くなりましたが、この記事では40万円以内でハワイに行くためにやった事をまとめていきます。

Sponsored Link

できるだけお安くハワイに行くために個人旅行を選択

とりあえずうちの財務大臣様から今年の旅行に割ける予算は40万円以内だと厳命されているので、まずはHISやファーストワイズを検索・・・

40万以下の予算であるにはあるが、どれもこれもホテルがショボい

 

・・・(´・ω・`)これ、ツアー無理だわ。

 

ということで、個人手配でのハワイ旅行に挑むことになりました。

はじめて個人でESTA申請してぼったくられそうになる

早速期限5年のパスポートを申請し、無事4人分ゲット!

パスポート代は大人2名で22,000円、子供2名(11歳と6歳)で12,000円。合計34,000円かかりました。

アメリカに渡航する場合、日本人はビザが不要ですが、かわりにESTAなるものを申請しなければなりません。

 

ESTAとはビザ免除プログラム参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国・通過する者に対し、米国出入国カードをアメリカ合衆国への渡航前に、インターネットのウェブサイトで電子申請することを義務付けるものである。wikipediaより引用

 

・・・なるほど、じゃぁ早速ESTA申請しよう!ということで、ネットで事前にリサーチ。

ふむふむ。ESTAの申請費用は一人当たり14ドル、合計56ドルねOK!

と金額だけリサーチし、googleで「ESTA 申請」と検索してヒットした一番上の「ESTA申請サイト」で必要項目を入力し、代金を支払おうとすると

 

米国国土安全保障省申請料($14) + 申請代行サービス料 = 6,700円 (税込7,236円)×4=28,944円

 

・・・え、高くね!?

 

はい、やってしまいました。

googleで「ESTA 申請」と検索してヒットした一番上の「ESTA申請サイト」はESTA公式ではなく、申請代行サイトでした。ホームページの作りとかESTAのエムブレムとか使っててめちゃくちゃそれっぽかったので、てっきり公式サイトだと思い込んで入力してしまいました。

後からわかったのですが、この手のESTA申請代行サイトは多くあり、どれもこれも非常にまぎらわしいので注意してください。

ESTA公式サイトはこちらです。

こちらから申請し、無事56ドルの支払いで申請できました。

Sponsored Link

航空会社はエアアジアX

ここまでの支払いで約40,000円。財務大臣指定の予算、40万円まであと36万円。この予算の中で航空機チケットと宿泊費用を捻出しなければなりません。

必然的に大手キャリアは選択肢から消えました。大手キャリアだと、関空からホノルルで一人10万円前後。残り予算では航空券しか取れません。

で、初のLCCによる海外旅行にチャレンジしてみることになりました。

スクートと迷ったがエアアジアXにした決め手

スクートもエアアジアXも同価格帯でホノルルへ行けるLCCです。違いは到着時間とフライト日。

到着時刻 フライト日
エアアジアX ホノルル到着:12時30分

関空到着:20時25分

毎週月、水、金、土フライト
スクート ホノルル到着:9時

関空到着:14時25分

毎週月、火、木、土フライト(2018/10まで)

エアアジアXのほうが長く現地で滞在できるし、なにより金曜日出発の飛行機に乗って帰らなければいけなかったのでエアアジアXとなりました。

もっとお得にエアアジアXに乗れるフライトプロモーション

LCCは座席の埋まり具合で料金が変動するのですが、半年先の平日のハワイ便ならひとり往復4万円が目安です。家族4人だと16万円。これに荷物を預けたり、機内食やブランケットをかったりで2万円くらい使い、18万円くらいになるのが相場です。

でも、さらにお得にエアアジアXを利用する方法があります。それがフライトプロモーション。関空ホノルル便だと半額くらいになるケースもあるので、先の予定が決まっているならエアアジアXからのメールを要チェック!

我が家は運よく該当し、フライト+荷物+機内食と座席指定で14万円くらいに抑えることができました。

Sponsored Link

ハワイのホテル選びでめちゃくちゃ迷う

渡航費用が14万円で抑えることができたので、ホテル選びにめちゃくちゃ余裕ができました。

 

4泊で220,000円あればスイート狙えるやん!!

 

ということで、さっそく「ホテル trivago」で検索し、めぼしいホテルが軒並み最安値だったHotels.comにジャンプし、いろいろと検索しまくりました。

家族4人でスイートに泊まりたい(できるだけお得に)

家族4人でゆったり滞在したいので、できればスイートに泊まりたいと思い、1ベッドルームスイートをひたすら検索し、絞り込んだホテルが

  • トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ
  • ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
  • アウトリガー・リーフ
  • アウトリガー・ワイキキ
  • シェラトンワイキキ

最終的にシェラトンワイキキに決めたのですが、SPGアメックスとの出会いからでした。

SPGアメックスをゲット

なんとかお得にスイートに泊まる方法はないかとネットで調べる日々を過ごしていたら、一つのカードに出会いました。

それが、SPGアメックス。

そのサイトを詳しく読んでみます。

なになに・・・なんと保有するだけでスターウッドとマリオット、リッツカールトンの上級会員になれるとか書いてあるじゃないですか!!さらにベストレートギャランティなるものを使えば、最安値のレートからさらに25%OFFやて!!これは保有するしかない!!

と、速攻でカード申し込み。当然紹介者経由で17000スターポイントをゲット。

「よし、この旅行だけで3000スターポイントは間違いなくたまるから、25000マイルになるなフヒヒ」

などと考えながら、ホテルをシェラトンワイキキに決定しました。

シェラトンワイキキのベストレートギャランティに成功

カード到着前にSPGゴールドプリファードになりましたーってメールがスターウッドから届き、SPGのサイトから予約ができるようになったので、とりあえず公式レートでスイートルームの一番安いプランを検索。

で、その値段よりやすいホテル予約サイトを見つけ出し、無事みつかった(実は見つかってない)ので公式より予約後、ベストレートギャランティ申請。

ドキドキしながら待っていると

「確かにウチのプランよりあんたが教えてくれた宿泊プランのほうが安いみたいや。ほなそのプランより2割引いときますんで、チェックイン時にこのメールみせてやー」

とSPGからメールが届きました。

これで1泊61,500円から37,500円と大幅に下がり、リゾートフィーと税金合わせても約19万円でシェラトンワイキキのスイートルームに泊まれることとなりました。

家族4人でハワイに行くための旅行費用まとめ

紆余曲折ありましたが、なんとか財務大臣の指定する渡航費+宿泊費で40万円までという予算はクリアできてほっとしています。かかった費用をまとめると

パスポート申請費用:36,000円

ESTA申請費用:6,000円

航空券:140,000円

ホテル宿泊費:190,000円

合計372,000円

正直、エアアジアXのフライトプロモーションとシェラトンワイキキのベストレートギャランティに運よく助けられていなければ、40万を切るためにはスイートあきらめるしかなかったかなと思います。

我ながら上手に予約できたと思うので、個人でハワイ旅行を計画する方は参考にしてみてください。

旅のはなしカテゴリの最新記事