陸マイラーがポイント変換で損をしないポイ探の使い方

陸マイラーがポイント変換で損をしないポイ探の使い方

各種ポイントサイトやショッピングサイトのポイント、クレジットカードのポイントを最終的にはマイルに変換することが陸マイラーのゴールですが、ポイントの移行をする際、どのルートを通るのがお得なのか、いちいち調べるのはめんどくさいですよね?

そんな時に便利なのが「ポイント探偵倶楽部」通称ポイ探です。

ポイ探を使えば今持っているポイントをどのルートで移行していけば一番お得なのか、簡単に調べることができます。この記事ではポイ探の基本的な使い方をまとめます。

Sponsored Link

陸マイラー的に必ず覚えることは1つ

ポイ探のトップページを見ると、とてもたくさんのリンクやタブ、メニューが並んでいますが、陸マイラーが覚えるべきポイ探の機能は1つ。

・ポイントサーチの使い方

ポイントサーチは今持っているポイントを最終どこかの航空会社のマイルに変換するとき、どのルートを使えば一番マイルが多くなるのか調べることができます。

ポイントサーチの使い方

トップページ左上のポイントサーチタブをクリックします。

次に右側の上段のドロップダウンリストの中から、保有しているポイントを選択し、変換したいポイントをテキストボックスに入力。下段のドロップダウンリストの中から、最終的に変えたいポイントを選択し、検索ボタンをクリックします。

それでは試しにハピタスからANAマイルへのルートを見てみます。

ハピタスの登録はこちら

上段にハピタス、テキストボックスに20000ポイント、下段にANAを選択して検索をクリック。

いくつかのルートが表示されます。赤枠の部分に注目してください。

20000ポイントが最終何マイルに変わるか、一覧が表示されています。最大18000マイルから最小15750マイルまで差がありますね。これを知らずに、15750マイルで変換していたら、めちゃくちゃ後悔してしまいそうです。。。

ここで注意点ですが、2018年4月以降、この18000マイルと17820マイルの変換コースは使えなくなりました。でも変換効率81%の16650マイルのコースは今も使えますのでご安心ください。

では、16650マイルのルートを見てみます。16650のタブをクリックします。

ハピタス->PeX->ANA VISAカード->Gポイント->東京メトロ->ANAというルートに変わりました。2018年4月以降このルートのGポイントと東京メトロの間にLineポイントを中継させるのがハピタスのポイントをANAマイルに変換するために最も効率のいいルートとなります。

このルートを使うためにはハピタス以外に2つのポイントサイトと2枚のクレジットカードがキーになります。

登録が必要な中継ポイントサイト

PeX、Gポイント、LINEポイント

申し込み、保有が必要なクレジットカード

ANA VISAカード、ANA To Me CARD PASMO JCB

PeXの登録はこちら

・Gポイントの登録はこちら

Gポイント

・ハピタスの登録はこちら

中継サイト経由で移行することに慣れましょう

直接交換するほうが手間がかからないですが、大幅に目減りしてしまいます。僕ら陸マイラーのゴールは最終的にいくらのマイルが残るかですので、中継サイト経由でのポイント移行に慣れたほうがいいです。一度やってしまえばめちゃくちゃ簡単ですよ!

マイルカテゴリの最新記事