仮想通貨を不正アクセスやハッキングから守る3つの対策

仮想通貨を不正アクセスやハッキングから守る3つの対策

NEMの流出や古くはマウントゴックスのビットコイン流出など、毎年一度は大規模な流出事件が起こっている仮想通貨界隈。預けた資産が不正アクセスなどで無くなるなんて、安全な投資先じゃ無いのでは?と思いますよね。

でも、それを差し引いても大きなリターンが狙えるのが魅力的な市場でもあります。

では、不正アクセスやハッキングから少しでも安全に資産を保管するためにはどのような方法があるのか、3つの対策をご説明します。

Sponsored Link

ペーパーウォレット

アドレスと秘密鍵を紙に印刷し、紙ベースで保管することができます。長期の保管に向いていて、かなり安全な管理方法です。送金することもできますが、ペーパーウォレットの仕組み上、一度出金した場合、同じペーパーウォレットを使用することは、セキュリティ上おすすめしません。

ペーパーウォレットのメリット

オフラインでの保管のため、ハッキングできない

ペーパーウォレットだけではなく、コールドウォレットやハードウェアウォレットにも言えることですが、インターネットに接続されていない場所(オフラインな場所)に秘密鍵を保管するため、一度ウォレットに送金してしまえば物理的な消失(火事で燃えてしまったり、印刷したものが読めなくなったり。。。)以外のリスクはありません。

コストが安い

印刷物にウォレットと秘密鍵を印刷し、紙で保管するという方法のため、同じオフラインで秘密鍵を保管するが、記憶媒体でデジタル保管のハードウェアウォレットと比べるとコストが圧倒的に安いです。例えばLedgernanoSなら1本15000円しますが、ペーパーウォレットなら紙代+インク代なのでほぼ無料です。

ペーパーウォレットのデメリット

紙媒体であるが故の物理的な消失リスク

ハッキングができず、コストが安いといいとこづくめのペーパーウォレットですが、紙媒体での保管のため、火災による消失や、インクがすれて読めなくなるリスク、保管した紙を他人にのぞかれ、パスワードが流出するリスクがあります。

トレードには向かない

入出金に手間がかかるため、デイトレードには向きません。その通貨の将来性にかける長期投資向けで、長い間握っていられる通貨向けとなります。

ペーパーウォレットが向いている人

短期トレードはせず、長期的な投資をしている人。

取引所が信用できず、オフラインで資産の保全をしたいが、ハードウェアウォレットを買うのはもったいない人。

仮想通貨投資を始めたばかりで、少額の資産しかないのに、ウォレットに2万円も出せないという人に向いていると思います。

Sponsored Link

二段階認証

ほぼすべての仮想通貨取引所、交換所でログインや通貨の売買の際にパスワードを入力しますが、もう一段階アプリを通して生成されたパスワードを入力する認証方法です。

 

二段階認証のメリット

ペーパーウォレットやハードウェアウォレットと違い、めちゃくちゃ簡単に設定することができます。多くの仮想通貨交換業者で使われている、google認証システムはQRコードを読み込むだけで使えるようになります。

二段階認証のデメリット

スマートフォンの機種変更時にバックアップキーが必要

googleの二段階認証アプリ内のデータは携帯の機種変更時にバックアップより復元できません。そのため、取引所で二段階認証を設定する際に表示されるバックアップキーの保管が必要です。もし保管していなければ、機種変更時に一度二段階認証を解除し、再度認証設定する際に表示されるバックアップキーを控えておきましょう。

もしバックアップキーを保管せずに機種変更をしてしまった場合、取引所にログインできなくなってしまいますが、サポートに問い合わせると解除方法を教えてくれます。日にちがかかる場合がありますので、急騰、急落時に取引できなくなるリスクがあります。ちなみに、この失敗、僕はやってしまいました!!

スマートフォンの紛失、故障に注意

バックアップキーさえ保管していれば、新しいスマートフォンでも問題なく復元できますが、保管していないときに紛失、故障すれば、ログインできなくなってしまいます。また、スマートフォンで各取引所の二段階認証を一元で管理できるので、便利な反面、スマートフォンのロックを外されてしまった場合、取引所に不正アクセスされるリスクがあります。

二段階認証が向いている人

向いている人というか、すべての人が仮想通貨取引所を使う場合には設定するべきで、できればオフラインで資産を保管するほうがいいと思いますが、しいて向いている人を探すなら、オフラインで自分の資産を管理するのが不安な人(紛失など)向けだといえます。

Sponsored Link

ハードウェアウォレット

オンライン上のウォレットにアクセスするための秘密鍵をデジタル記憶媒体にオフラインで保管します。24ワードのリカバリーシードさえ保管できていれば、ハードウェアウォレットの物理的な消失が起こっても、リカバリーシードから復元出来ます。

よく勘違いしてしまいますが、LedgernanoSやTrezorにしても、そのハードウェアウォレット本体に仮想通貨が保管されているわけではありません。保管されているのは秘密鍵だけで、仮想通貨自体はオンライン上にあります。

ハードウェアウォレットのメリット

完全にオフラインで秘密鍵を保管できる

PCにハードウェアウォレットを接続していない限り、秘密鍵に外部からアクセスすることは絶対にできないため、とても安全に仮想通貨資産を保管できます。ウェブウォレットなどに保管する場合は常に不正アクセスのリスクがありますが、ハードウェアウォレットの場合はノーリスクです。

保管、持ち運び、入出金に便利

USBメモリくらいのサイズしかないため、保管場所を取らず、ペーパーウォレットのようにインクが擦り切れて読めなくなることもありませんので、非常に保管しやすくなっています。また、一度出金したアドレスの再使用も可能です。

リカバリーシードによる秘密鍵の復元

24のリカバリーシードさえ保管できていれば、ハードウェアウォレットが消失しても、同一機種があれば(ウォレットの互換性があれば、同一機種じゃなくても)簡単に復元できます。

ハードウェアウォレットのデメリット

リカバリーシードの紛失

リカバリーシードを紛失してしまうと、ハードウェアウォレットの故障や紛失時に、秘密鍵の復旧ができず、ウォレットにアクセスすることができなくなります。もし紛失した場合は、ハードウェアウォレットが生きている間に、別のウォレットに一旦おくり、ハードウェアウォレットを初期化して、再度リカバリーシードを保管する必要があります。

もし紛失した状態で、ハードウェアウォレットが故障した場合、そのウォレットの仮想通貨には永遠にアクセスすることができません。所謂「セルフGOX」というやつです。

対応していない通貨がある

現在仮想通貨は1000種類とも1500種類ともいわれていて、毎日のように新しい通貨が増えています。ハードウェアウォレットでは、そのすべての通貨に対応おらず、ビットコインやリップル、イーサリアムなどのような比較的メジャーな通貨のみ対応となります。

購入先に要注意

ウォレットの発売元や正規代理店以外からの購入以外では、盗難リスクがあります。購入時にすでにPINコードが設定されている場合は、一度設定されたハードウェアウォレットのため、第三者が秘密鍵を握っています。容易にウォレットから仮想通貨を抜き取ることができます。購入する場合は発売元か正規代理店で購入してください。

導入コストが高い

紛失する恐れのある仮想通貨のことを考えると、微々たるものかもしれませんが、投資初期で含み損が出ている時には、一つ20000円前後の金額を出すのはなかなか大変だと思います。しかも、バックアップ用に2台持つことを考えるとなおさらです。

ハードウェアウォレットが向いている人

ある程度ITリテラシーがあり、オフラインで安全に仮想通貨を保管したい方向けです。

まとめ

どの保管方法にもメリットデメリットがありますが、自分の今の状況にあった保管方法をえらび、安心して仮想通貨投資をしてください。

僕は含みが1000万円超えるまでは、Bitbank(ビットバンク)のウォレットに二段階認証とSMS認証つけて置きっぱなしでした。1000万円超えてからは、LedgernanoSで保管しています。

僕はLedgernanoSの日本正規代理店、株式会社EARTH SHIPから購入しています。

では、安全な仮想通貨投資ライフを楽しみましょう!

仮想通貨カテゴリの最新記事