家族旅行も無料?年会費分の価値は?spgアメックスのデメリット徹底解説

家族旅行も無料?年会費分の価値は?spgアメックスのデメリット徹底解説

SPGアメックスデメリット徹底解説

クレジットカードに詳しい方や陸マイラー界隈、旅行好きの間では大人気のSPGアメックス。僕もこのカードの魅力に惹かれ、保有している陸マイラーの一人です。

高級ホテルグループの上級会員になれたり、マイルが貯まりやすかったりというメリットの解説はよくネットでは見るのですが、デメリットに関する記事があまりないようなので、この記事ではデメリットを徹底的に解説していきます。

Sponsored Link

SPGアメックスのデメリット徹底解説

それではSPGアメックスのデメリットを一つずつ解説していきます。この記事を参考にメリットとデメリットを比較してもらい、本当に年会費分の価値がSPGアメックスにあるのか、よく考えて入会してもらえればと思います。

31000円という高い年会費

年会費は31000円、しかも税抜きのため、実際は33480円支払うこととなります。アメックスゴールドが29000円、ダイナースクラブカードが22000円であることから、31000円は高いです。

ただ、アメックスゴールドとほぼ変わらないプロテクション、特典を考えると、この年会費も仕方ないのかなと思います。特典やプロテクションのほかに、SPGアメックスのスターポイントに魅力を感じ、僕はこのカードを作りました。

SPGアメックスはマイル還元率1%

SPGアメックスの通常決済によるポイント還元率は1%です。20000ポイントを超えてマイルと交換した場合、初めて1.25%の還元率となります。

ANAマイルに特化して貯める陸マイラーならこのカードよりANA VISAワイドゴールドカードのほうがメリットがあります。少し裏技的な使い方をしなければダメですが、ANA VISA ワイドゴールドカードなら1.65%まで還元率を高めることができます。

高級ホテルグループを利用しがちになるためホテル代がかさむ

スターウッド系列とマリオット系列のホテルグループの上級会員になれることが特徴ですが、どちらのホテルグループも高級ホテルに属していますので、宿泊料金は割高です。かわりに、高級ホテルならではの接客やサービスを受けることができるので、トレードオフですね。

宿泊費を安く上げるためには、会員特典のベストレートギャランティと部屋のアップグレードを上手に使うことがポイントです。

SPGアメックス継続特典の無料宿泊は2年目から

SPGアメックスのカード継続特典である、無料宿泊ですが、この特典は継続特典であるため、使用できるのは2年目。要するに年会費を66960円(税込)支払った後となります。この特典だけで年会費のもとを取るのは少し難しいです。

初年度の年会費の元を取るために、紹介プログラムを使った入会をする必要があります。紹介プログラム経由なら、12000スターポイントがもらえるため、初年度の年会費は十分元が取れます。

無料宿泊は2人まで!家族旅行はベッド代必要

SPGアメックスの無料宿泊ですが、カテゴリー6までのホテルに、ブラックアウトなし(要するに盆や正月でも)で大人2名が1泊することができます。

うちは子供が二人いて、一人は添い寝のため、いつもエキストラベッドを追加のポイントを支払い入れてもらっています。いってみればハイシーズンの高級ホテルにエキストラベッド代だけで泊っている。ということになりますね。

プライオリティパスがついていない

年会費が高額な割にはプライオリティパスが付帯していないこともデメリットといえます。楽天ゴールドでさえついていることを考えると、頑張ってもらいたいポイントですね。

SPGアメックスで利用できるラウンジはこちらです。

南国大好きな僕としては、関空と羽田、那覇空港とダニエル・イノウエ空港(ホノルル空港)のラウンジが使えるので問題なかったです。

Sponsored Link

SPGアメックスを持つ価値

陸マイラー界隈、旅行好きの間では大人気のSPGアメックスですが、デメリットも結構ありますが、それでもそれを補って余りある価値がこのカードにはあります。そちらも併せてご紹介します。

入会時に12000ポイントもらえる

紹介プログラムを経由して入会すると、通常10000ポイントしかもらえないポイントが、12000ポイントに増えます。あと80万円決済で使えば、20000ポイントとなるため、25000マイルに交換できますので、年会費は十分ペイできます。紹介プログラムをご希望の方はこちらまでご連絡ください。

ポイント期限を気にせずマイルを貯められる

一年に一回だけでもポイント加算すれば有効期限がなくなるため、実質ポイントの有効期限なしでポイントが貯められます。ポイントの失効が3年と期限が切られているカードも結構ある中、有効期限なしでじっくり狙ったポイントまで貯めることができるので、3年マイル貯めて家族4人でハワイへ!みたいなこともやりやすいです。

さまざまな航空会社のマイルに1.25%の還元率で交換できる

貯めたスターポイントはほとんどの航空会社で1ポイント1マイルで交換できます。交換先は30社以上。交換先とレートは以下の通り。

スターポイントからユナイテッド航空のマイルは2:1ですが、マリオットリワードポイント経由で交換すると1:1で交換できますので、実質1:1です。また、ブリティッシュエアウェイズのAviosは、マリオットリワードポイント経由して交換ボーナス期間中なら1.44%の還元率で交換できます。さらにAviosからJAL国内線の多くの路線をJALより少ないマイルで取得することができます。

高級ホテルグループの上級会員資格

スターウッド系列とマリオット系列、リッツカールトンのゴールド会員資格が付与されます。また、ステータスマッチでヒルトンのゴールド会員にも(日数限定ですが)なれます。

SPGゴールド会員特典

・宿泊の料金1ドルあたり3スターポイントを獲得、さらに2018年12月までは2スターポイント追加
・リゾートを除き、午後4時までのレイトチェックアウト
・チェックイン時に、空きがあれば部屋のアップグレードが受けられる
・チェックイン時に、ウェルカムギフト(ボーナススターポイント、無料のプレミアムインターネットアクセス、または無料のドリンクの内1つ)

マリオットゴールド会員特典

・宿泊に対する追加ボーナスポイント:25%
・ルームタイプ確約
・空いていればスイートも含め部屋のアップグレード
・無料の高速インターネットアクセス
・午後4時までのレイトチェックアウト保証(リゾートおよびコンベンションホテルでは、空室状況によります)

リッツカールトンゴールド会員特典

・リゾートを除く最大2時間のプライオリティ ホテルレイトチェックアウト
・リッツカールトンリワードポイントを25%追加
・空いていればスイートとクラブルームを除き、部屋のアップグレード
・高速インターネットアクセス

どのホテルのゴールド会員資格も普通にとるなら100万円以上費用が掛かります。

カード継続でブラックアウトなしの無料宿泊

カード更新時にブラックアウトなしの大人2名の無料宿泊特典が付きます。スターウッド系列のカテゴリー6までのホテルに無料で宿泊できます。

スターウッドホテル&リゾートグループのカテゴリー6までの国内ホテルはこちら

ベストレートギャランティにより、超お得に泊まれる(こともある)

SPGとマリオットでは、公式サイトで予約した場合、それより安い宿泊料金があれば、そこからさらに割引します!という制度があります。これを利用すれば憧れのスイートルームにもめちゃくちゃお安く泊まることもできるかもしれません。

アメックスゴールドとほぼ同等の特典

SPGアメックス独自の特典とは別に、アメックスゴールドカードとほぼ同等の特典が付いています。

ただし、空港への手荷物無料宅配サービスは帰国時のみ、プライオリティパスは付かないという点に違いがあります。

Sponsored Link

紹介特典で12000ポイントもらえます

SPGアメックスのデメリットを解説しましたが、いかがでしたか?

いろいろなデメリットがありますが、メリットもたくさんあります。年会費分の価値があると思われるなら、入会する価値があると思います。

入会する場合は、紹介プログラムを利用してください。通常10000ポイントのところ、12000ポイントもらえますので初年度の年会費を取り戻すためには利用しない手はないです。

紹介プログラムを利用したい方はこちらからお願いします。

 

SPGアメックスカテゴリの最新記事