初心者の方向けによくあるリップルの疑問点や噂、疑念に対して回答してみる

初心者の方向けによくあるリップルの疑問点や噂、疑念に対して回答してみる

インターネットでリップルを調べていると、リップルに対し否定的な意見もよく目にします。

この記事では僕が見つけた否定的な意見に対し、一つ一つカウンターしていきます。

初心者の方で、これから仮想通貨を買おうと思っている方や、もうすでにリップルに投資をした後で、否定的な記事を目にし握力が弱まっている方向けに、一つ一つ反論していきますので、ご覧ください。

Sponsored Link

リップル社が無から生み出したXRPは無価値

これはよく聞く理論ですが、そんなことを言っていたら、すべての暗号通貨は無から生み出されたものですよね。

ビットコインを生み出すためにマイニングして電気代かかってるじゃん。という反論があることでしょう。

でも通貨の価値って電気代とか、プログラムから生まれたからとかで決まるのでしょうか。

利用されるから通貨としての価値がある。が正解だと思います。

もし、日本円がどこの国からも信用されなくて、日本国内でしか使えない通貨だったとしたら、通貨の価値は著しくなくなってしまいますよね?

ある意味通貨は共同幻想の上で成り立っている(法貨の場合、国が価値をある程度保証しますが)といえます。

通用力があるから価値がある。

では、現在のXRPはどうでしょうか?使われていないですか?

使われてます(使われようとしている)よね。

これとかXRPで決済できる店舗一覧(クリプトペイ)

うなぎ食べられたり

もっと大きいところないんかい!!ですって?

ありますよ。もっと大きなところ。

XRPのみの投資を受け付ける「アーリントンXRPキャピタルファンド

投資規模は100億円規模の投資会社です。

どう考えても使われてますよね。

Sponsored Link

ブロックチェーン技術は使っていない

これもよく聞く話ですが、ブロックチェーンを使っていないリップルは暗号通貨じゃない。

・・・別にどうでもよくね!?

XRPはデジタルアセットという括り。

ブロックチェーンを使っていないから暗号通貨じゃないといわれても、ふーんとしか思いません。

IOVや高速国際送金実現のために、ブロックチェーンは適していない(ファイナリティ、承認時間等)からそれに代わる方法として開発されたXRPは使ってなくて当然です。

むしろ昨今はPoWアルゴリズムのブロックチェーンのほうが、様々な問題を引き起こしていないですか?

モナやバージ、ビットコインゴールドってブロックチェーンでしたよね?

Sponsored Link

xCurrentではXRPは使われない

これは(今は)その通りです。

でもこれも、ここだけ切り取ってリップルネットの批判をしても仕方がないこと。

XRPを銀行に使わせるために、まずはRipplenetに参加してもらうことが必要です。

XRPの価値上昇のための戦略の一部だけとらえて、xCurrentではXRP使われないから!といわれても。。。

将棋に例えると、羽生永世7冠が7六歩と打っただけで批判しているようなものです。

最初に(今は)と書きましたが、いずれはxRapid経由で使うことも、銀行が直接XRPを保有することも戦略上含まれていますので、ご安心を。

この沖田さんっていう人は、SBI Ripple AsiaというSBIホールディングスとRipple社が出資しあって創設した、アジア圏にRippleNetを普及させるための会社の社長さんです。

銀行はXRPを使わない

使います!以上。

と書いてしまうと、小学生の反論みたいになってしまうのでもう少しだけ。

RippleNet普及までの道順を書くと

1.ヴィジョンに共有した投資家、投機家がXRPを売買(流動性が生まれる)

2.銀行にxCurrentを使ってもらう

3.送金業者にxRapidを使ってもらう(XRP利用。流動性高まる)<-いまここ

4.企業にxVia使ってもらう

5.銀行にXRPを使ってもらう(現在のコルレス銀行くらい大きいところ)

6.銀行にXRPを使ってもらう(小さい銀行)

7.両替コストをなくすために、各々がXRPを直接保有する

という順で普及させようとしています。

少し前なら、普及させるための流動性の確保(鶏と卵)が課題でしたが、インセンティブプログラム等、リップル社の努力で解決しつつあります。

途中でうまくいかなくなる可能性もゼロではありませんが、一年前から比べると、めちゃくちゃ早いスピードでRipplenetは広がっていってますので、安心してください。

個人はXRPを使う必要がない

これはリップラーの中でも意見が分かれるところだと思います。

あくまでもブリッジ通貨だよ派

XRPは裏方、翻訳機みたいなもので、100円自販機に入れたら1ドルのジュース買えたわ。みたいに、通貨を意識せずとも価値の交換が即座にできるようにするための裏方に徹するべきという意見。

XRPは直接使われるよ派

僕はこちらの意見なのですが、A→XRP→Bという送金を考えると、A→XRPの部分とXRP→Bの部分で2回両替が必要です。

つまり、2回コストがかかるということですね。

世界中にXRPが通用するような世の中になったとしたら、XRPのまま支払ってしまうのが最も安く支払いを完了できます。

先日のxPringの発表を受けて、そんな世の中が来てしまうのではないか。と僕は考えています。

個人が使うにしろ、使わないにしろ、普通にXRPは世の中に浸透し、そのころには今より価格が上がっていることは間違いないと思っているから投資をしているわけです。

よくわからないブロガーやなんやかんやの言うことと、実際に100億円規模でお金出したファンドやSBIやMUFG等の銀行、大手送金会社の言うこと、どちらが信用できますか?

 

リップルカテゴリの最新記事