陸マイラーがメインカードとするべき最強カード一覧

陸マイラーがメインカードとするべき最強カード一覧

クレジットカード

世の中には数百種類のクレジットカードがありますが、我々陸マイラーがメインカードとして持つべき最強カードとその機能を一覧にしてみました。

JALとANA両方のマイルに変えることができるカードや、ANA特化ですが還元率2%のカードなど、陸マイラーがメインカードとして使ってお得なカードをラインアップしてみたので、参考にしてください。

 

Sponsored Link

陸マイラーがメインカードとするべき最強カードの特徴

陸マイラーとしては、普段の決済に利用すればマイルが貯まるようなカード、しかもできるだけ還元率の高いカードを持ちたいですよね。更に、できれば入会時や更新時にもたくさんマイルが貯まるカードがいいです。

メインカードとして持つべき最強カードの特徴をまとめましたのでご覧ください。

カード入会時にたくさんマイルが貯まる

飛行機に乗らずに爆発的にマイルを貯めるためには、ポイントサイトの利用とカード入会時のポイントが重要です。メインカードとして持つべきカードは、入会時に大量のマイルが付与されるカードを持ちましょう。

メインカードとして決済時のマイル還元率が高い

楽天カードなどは決済時に100円につき1ポイントもらえますが、楽天ポイントからマイルへの移行時に楽天ポイント1ポイントに対しANAマイル0.5ポイントとなりますので、マイル還元率は0.5%となってしまいます。

メインカードとして持つべきカードはマイル還元率1%を超えるカードを持つべきです。

特典航空券に変えやすい

どれだけマイルがたまっても、そのマイルを特典航空券に変えて旅行に行くという目的が達成されなければ意味がありません。ANAの特典航空券は陸マイラーが増えたこともあり、人気路線は争奪戦が繰り広げられています。ANAだけではなく、貯まったポイントを様々な航空会社のマイルに交換できるカードがおすすめです。

更新時にマイルが貯まる

カードの更新時に、ボーナスマイルが付与されるクレジットカードがあります。メインカードとするカードには更新時のマイルが多くもらえるカードを選びましょう。

Sponsored Link

メインカードとするべき最強カード一覧

それでは陸マイラーがメインカードとするべき最強カードの一覧をまとめます。先ほど挙げた特徴がどれだけ満たせているのかが選定のポイントです。メインカードをどれにしようか迷ったときに参考にしてください。

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

年会費 最低9500円(税抜)
カード入会時のマイル 4000マイル
決済時のマイル還元率 最大1.65%
特典航空券への変えやすさ ANAのみ
更新時のボーナスマイル 2000マイル

ANA VISA ワイドゴールドカードの特徴は、ゴールドカードとしては安い年会費9500円(税抜)なのに、マイル還元率が最大1.65%となることです。ダイナースプレミアムカードなどは2%の還元率ですが、年会費は155000円(税抜)の上に審査がめちゃくちゃ厳しいので、作ることができる人が限られます。

2018年3月までは最大還元率1.72%でしたが、ソラチカカードの改悪で1.65%まで低下しました。ただ、年会費9500円のゴールドカードとして考えると、還元率1.65%でもトップクラスの還元率です。

また、LINEポイントを経由した新ソラチカルートを開通させるために必要な、ワールドプレゼントポイントへの移行にも使えますので、決済用、新ソラチカルート用を兼ねることができるのでおすすめです。

比較的作りやすいゴールドカードで還元率1.65%は魅力的ではないでしょうか。

最大29000マイルもらえる入会キャンペーンまとめ

SPGアメリカンエキスプレスカード

SPGアメックス

年会費 31000円(税抜)
カード入会時のマイル 17000マイル(10万円決済の条件付き)
決済時のマイル還元率 最大1.25%
特典航空券への変えやすさ 30社以上の特典航空券へ交換OK
更新時のボーナスマイル なし (無料宿泊券)

SPGアメックスのおすすめポイントは入会時のマイルが17000マイルと多く、還元率も1.25%と一般的なゴールドカードより高めなこと、特典航空券への変えやすさです。

SPGアメックスでもらえるスターポイントはスターウッド系列のホテルに宿泊すると、100円当たり5ポイントたまるため、出張が多い方や旅行好きの方はさらにマイルを多く貯めることができます。

さらに、カード発行で高級ホテルグループの上級会員となることができるので、宿泊時に様々な特典が与えられ、一般客として利用するより大幅にお得です。

貯めたポイントは20000ポイントあたり25000マイルに変換できるため、交換率が1.25%となります。また、19000ポイントしか貯まってないけど、マイルに変えたい!などの場合、足りないスターポイントを購入することもできますので、かなり使い勝手のいいポイント制度となっています。

ANAマイルにもJALマイルにもできるポイントは非常に使い勝手がよく、おすすめです。

デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 26000円(税抜)
カード入会時のマイル 34000マイル
決済時のマイル還元率 最大1.5%
特典航空券への変えやすさ スカイチームの航空券
更新時のボーナスマイル 3000マイル

デルタアメックスゴールドカードはデルタ航空とスカイマイルを貯めるのに特化したカードです。

このカードの特徴は、カードを保有するだけで、デルタ航空スカイマイルの上級会員であるゴールド・メダリオンの資格が与えられます。ゴールドメダリオンの資格を与えられればデルタ航空やスカイチームの航空会社利用時に様々な素晴らしい特典を受けられます。

このカードで貯められるデルタ航空のスカイマイルには、マイル有効期限がなく、カード支払いでこつこつマイルを貯め続けることができ、マイル還元率も最大1.5%と高く、デルタ陸マイラーにはおすすめです。

ANA ダイナースプレミアムカード

ANAダイナースプレミアム

年会費 155000円(税抜)
カード入会時のマイル 10000マイル
決済時のマイル還元率 2%
特典航空券への変えやすさ ANAのみ
更新時のボーナスマイル 10000マイル

ANAマイル還元率最強のカードがこのANAダイナースプレミアムカードです。ゴールドの上のブラックカードの位置づけなので、付帯されるサービスも素晴らしいものが多く、還元率も2%と最強です。ダイナースプレミアムのデスクは素晴らしく、まるで秘書が付いているようです。

一見お断りの料亭や高級レストランなどもデスクを通せば抑えることができます。知人は、プレミアムデスクから東京ディズニーランドのクラブ33を予約できてしまったほど、このデスクにできないことはないのではないでしょうか。

しかし年会費155000円(税抜)と高く、審査も厳しいため入会者を選ぶことが難点です。いきなりダイナースプレミアムカードに申し込むことはできず、ダイナースクラブカードを保有し、クレジットヒストリーを積むことで招待状が届き、初めて入会することができるプレミアムカードとなっています。

アメックスビジネスゴールドカード

アメックスビジネスゴールドカード

年会費 31000円(税抜)
カード入会時のマイル  10000マイル(30万円決済の条件付き)
決済時のマイル還元率  1%(ANAのみ)
特典航空券への変えやすさ  15社と交換OK
更新時のボーナスマイル なし

法人をお持ちの方や個人事業主の方におすすめなのがアメックスビジネスゴールドです。入会時に10000マイルもらえ、年間200万円の決済条件は付きますがさらに30000ポイントもらえる可能性があります。

陸マイラー的一番お得な入会キャンペーンの比較

法人の経費や税金の支払いなどをこのカードで行えば、200万の決済条件もクリアできると思いますので、法人陸マイラーの方は検討に値します。

アメックスのゴールドカードなので、カードに付帯する保険、サービスは年会費にふさわしい内容となっていますので、ビジネスユースとしてすごく使いやすいカードとなっています。

カードの詳細についてはアメックスホームページをご覧ください。

Sponsored Link

メインカードとするべきではないが必須のカード

普段の決済に使うべきではないですが、LINEポイント経由新ソラチカルートを利用するために、必ず持っておかなければならないカードがあります。皆さんご存知のソラチカカードです。このカードだけは陸でマイルを貯めるために絶対持っておきましょう。

 

陸マイラーがメインカードとするべき最強カードまとめ

陸マイラーのメインカードをまとめました。

僕自身もSPGアメックスを個人の決済用、アメックスビジネスゴールドを法人の決済用として使っています。自分がどこのマイルを効率よく貯めたいかで変わってくるのかな、と思うので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

クレジットカードカテゴリの最新記事