LINEポイントルートに必須!ソラチカカードのキャンペーンと申し込み方法

LINEポイントルートに必須!ソラチカカードのキャンペーンと申し込み方法

ソラチカカード

ANAのマイルを飛行機に乗らずに貯める、ANA陸マイラーにとって、絶対に必要なカード、ソラチカカード。LINEポイントを経由した新ソラチカルートを開通させるために、絶対取得しなければなりません。

そんな必須であるソラチカカードを少しでもお得にゲットするためのキャンペーンと申し込み方法についてまとめていきます。

Sponsored Link

ソラチカカードとは

ソラチカカードは正式名称を「ANA TO ME CARD PASMO JCB」といい、東京メトロとANAが提携して発行しているカードです。

 

ソラチカカードカード基本情報

カードの基本情報はこんな感じ。

お申し込み対象 年会費 ETCカード 付帯保険 家族カード
18歳以上。
ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
また、高校生を除く18歳以上で学生の方
初年度年会費無料
キャンペーン※
本会員:2,000円
(税別)
家族会員:1,000円
(税別)
※初年度年会費無料(本会員)
年会費無料 海外旅行損害保険:
最高1,000万円
国内航空傷害保険:
最高1,000万円
ショッピングガード保険:
(海外)最高100万円
生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方

だいたい一般的なANAのカードと同じです。

ソラチカカードでANAのマイルが貯まる

ソラチカカードの入会時とカードの更新時にANAマイルが1000マイルもらえ、ANAでのフライト時に登場ボーナスマイルが10%付与されます。

それ以外のANAカードのメリット

ANA一般カードの特徴

会員ご優待割引

 

 

提携ホテル・レンタカー特典

電子マネー・付帯サービス

ANAホームページより引用

東京メトロでマイルを貯める

東京メトロのメトロポイントとANAマイル間でポイントの交換が行えます。

東京メトロに乗車したり、PASMOが付いていますので、メトロポイントPlus登録後メトロポイントPlus加盟店でPASMOを利用すると、メトロポイントが貯まります。

Sponsored Link

なぜソラチカカードが必要なのか

数あるANAカードの中で、ANA陸マイラーにとって、なぜソラチカカードが必要かというと、各ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイント経由で81%という高レートでANAマイルに交換できるからです。これがほかのANAカードにはないため、ソラチカカードが必須となっています。

たとえば、1ポイント1円の価値があるポイントにTポイントがあります。Tポイントは1ポイントあたり0.5マイルに交換できます。変換レートは50%。例えば30000ポイント交換すると15000マイルになります。

同じように、1ポイント1円の価値があるポイント、ハピタスのポイントを交換する場合、ハピタス->PeX->ワールドプレゼントポイント->Gポイント->LINEポイント->メトロポイント->ANAマイルという順番で交換した場合、同じように30000ポイント交換すると24300マイル残ります。

15000マイルと24300マイル、同じ1ポイント1円の価値があるポイントでも、交換ルートが違うだけで約1万ポイントも差が出てきてしまいます。

この81%の交換率を誇るルートを通すにはソラチカカードしかありません。ANA陸マイラーを目指すにはなくてはならないカードなのです。

Sponsored Link

決済用カードとしてのソラチカカード

多くの陸マイラー向けサイトでソラチカカードは死蔵(持っているだけで使わない)カードとして紹介されています。理由は還元率1%のカードとするために、マイル交換手数料が年間6000円(税抜)かかるためです。年会費と合わせると8000円(税抜)もかかり、還元率1%のカードとしては魅力がありません。

しかし、メトロポイントからANAマイルへの交換には手数料がかからないため、新ソラチカルートでメトロポイントへの中継カードとして保有するのが陸マイラー界隈では推奨されています。

ただ、全陸マイラーがソラチカカードを完全に死蔵させてしまうと、ソラチカカードの存在自体が危ぶまれてしまいます。カードの発行主体としては、カードを利用してもらって初めて利益が生まれるからです。

年数回は新ソラチカルート存続のためにも、少額でいいので決済に利用することをおすすめします。発行されたカードを使い、それをきちんと返済することで、自分自身のクレジットヒストリーも良好なものになりますし、審査の難しいカード発行にチャレンジする際の信用にもつながります。

決済用としては別の高還元率のクレジットカードを保持(陸マイラー的にはANA VISAワイドゴールドカードとSPGアメリカンエキスプレスカードをおすすめします)するのをおすすめします。

ソラチカカード必須の新ソラチカルートとは

ソラチカカードを保有する一番の理由、新ソラチカルートの説明はこちらをご覧ください。

各種ポイントサイトのポイントをLINEポイント経由でメトロポイントに交換するのが重要です。

図にするとこうなります。

新ソラチカルート

一番初めのハピタスのところは、PeXを経由できるならどんなポイントサイトでも利用できます。

ハピタス、ちょびリッチ、ポイントインカム、モッピーなどはPeXに交換できます。

モッピーはPeXに交換しなくても中継サイトであるGポイントへ直接等価で交換できます。

ソラチカカードのデメリット

ソラチカカードのデメリットというより、新ソラチカルートのデメリットなのですが、月20000メトロポイントまでしかANAマイルに交換することができません。また、マイルへの交換にも最長3か月かかるため注意が必要です。

各ポイントサイトの移行締切日を把握し、ポイント渋滞の起こらない効率のいい交換スケジュールを組むことが大事です。

ソラチカカードのキャンペーンと一番お得な申し込み

なぜソラチカカードがANA陸マイラーに必要であるかまとめました。最後にソラチカカードの一番お得な申し込み方をご紹介します。通常入会より500マイル多くマイルをもらうことができるので、ANAマイルを貯めようと思っているなら利用しない手はありません。

マイ友プログラムを利用しカードの申し込み

お得にソラチカカードを発行するためには必ずマイ友プログラムに登録後にカードを発行してください。

マイ友プログラム申込者情報登録用URL

上のリンクから登録用ページを開き、カード申し込み前に登録をお願いします。

紹介者情報、登録者情報の入力

登録用ページを開くと下のページが開きますので、紹介者氏名、紹介番号を下の画像の通り入力し、申込者情報に申込者ご自身の名前を記入します。

マイ友プログラム申し込み

次へをクリックし、内容確認したら、登録するボタンを押し、マイ友プログラムへの登録完了です。

左のANAカードにご入会の方はこちらボタンをクリックします。

マイ友プログラム

カードラインアップの中から、ANA TO ME CARD PASMO JCBを選択します。

ANA TO ME CARD PASMO JCB

同じようなカードがほかにもありますので、注意してください。81%の交換率になるソラチカカードはこのカードだけです。

ソラチカカード発行後キャンペーンへの参加登録

無事ソラチカカードが発行されれば、ANAの入会キャンペーンへの登録を忘れずに行ってください。

現在のキャンペーンはこちらです。

ソラチカカード入会キャンペーンのまとめ

81%の交換率となる新ソラチカルート(LINEルート)を利用するために必要な、ソラチカカードのキャンペーンと申し込み方法をまとめました。ANA陸マイラーには必須のカードとなりますので、まずはソラチカカードの発行を目指してください。

クレジットカードカテゴリの最新記事