ゴールデンウィークの穴場!人混みを避けて四国へいこう!おすすめスポット10選

ゴールデンウィークの穴場!人混みを避けて四国へいこう!おすすめスポット10選

ゴールデンウィークってどこに出かけても混んでるし、正直あんまり出歩きたくないものですよね。でも、子供連れの方は家族サービスもあり、そうもいっていられません。そこで、できるだけ人混みを避けつつ、かつ、普段できない体験ができる、四国のおすすめスポットを四国在住の僕が10箇所厳選してお届けします。

厳選したポイントは

  • 空いていそう
  • 自然や文化的な体験ができる

選定基準の「すいていそう」には、人はたくさんいるが、広大な敷地のため、人口密度的にすいているという意味も込められています。この2点に絞って選んでいますので、ゴールデンウィークの旅行の参考にしてください。

Sponsored Link

徳島のGWおすすめスポット

徳島のゴールデンウィークおすすめスポットを3つご紹介します。本当は徳島動物園とか阿波踊りミュージアムとか選びたかったのですが、混雑している可能性が高く、今回の選定ポイントである空いている点から外れるので除外しました。

あすたむらんど

あすたむらんどは県北部の板野郡板野町にある、広大な公園です。あすたむらんどは遊びや体験を通して科学する心を育てる「子ども科学館」を中核施設とした、科学と自然にふれるスポットです。

園内にはめちゃくちゃ大きい複合遊具があり、小学校高学年くらいまでのお子様なら楽しく遊べます。

あすたむらんど 巨大遊具

また、こども科学館は、基本的な科学を応用してつくられた可動装置を操作したり、実験や実演をしてみたりと体験型の科学学習ができます。うちの子はスピードガンとばらばらになる人骨のパズルがかなりお気に入りでした。

(10)骨のパズル
骨のパズル
あすたむらんどから引用
 
バラバラになった骨を組み立てることによって、人体の骨のしくみを探ります。上腕骨(2本)、前腕骨(1本)、大腿骨(2本)、下腿骨(2本)の7本の骨を取り付け、元通りに復元していきます。タイムリミットは90秒。時間内に完成するとガイコツが笑います。

上記以外にもプラネタリウムや、東京ディズニーランドのスプラッシュマウンテンっぽい、吉野川めぐりというアトラクション、キーホルダーや段ボールクラフトなどが制作できる体験工房などがあり、一日中遊べます。園内にはレストランもありますので、お弁当持っていかなくても、食事をとったり休憩することもできます。

HP:http://www.asutamuland.jp/

アクセス:板野ICから車で5分、駐車無料。JR板野駅、JR徳島駅から送迎バスも出ています。

バス運行表

平成29年10月1日改正

渦の道

鳴門と淡路島を結ぶ鳴門海峡大橋の電車が通るはずだった部分を利用して作られた、展望型の歩道です。海面より45mの高さにある歩道から鳴門の渦潮を見ることができます。歩道はスケルトンなため、風が吹き抜け、きもちいいですが、日によっては多少寒いこともあるので、上着は持参したほうがいいです。

鳴門海峡大橋下からみる
渦の道HPから引用

足元がガラスパネルになっている箇所があり、パネルの上から真下を覗くと若干怖いくらい。子供はめっちゃ喜びます。

渦の道ガラスの床
渦の道HPから引用

HP:https://www.uzunomichi.jp/

アクセス:鳴門北ICから車で5分、鳴門公園の有料駐車場あり。JR徳島駅から鳴門公園行きのバスが出ています。

祖谷渓谷

祖谷のかずら橋や大歩危小歩危峡など、大自然を満喫できるスポットが盛りだくさんです。何点かご紹介します。

祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋
wikipediaより引用

葛類を使った原始的なつり橋で国の指定重要有形民俗文化財に指定され、トリップアドバイザーによる世界の徒歩吊り橋10選にも選ばれています。今でも実際に歩いて渡ることができ、近くにある茶屋で川魚を食べる!みたいな過ごし方もいいのではないでしょうか。

アクセスなどの情報はこちら

大歩危遊覧船

大歩危峡谷のV字に切り立った美しさを遊覧船に乗り川から眺められます。途中、かなり狭い箇所があり、ラフティングまではいかないですが、安全にスリリングな川下りが楽しめます。

大歩危峡 狭い川幅
http://www.mannaka.co.jp/より引用

アクセスなどの情報はこちら

Sponsored Link

香川のGWおすすめスポット

香川の穴場スポットは2つ。メジャーどころの観光スポットからはちょっとだけハズして選びました。ソルトレイク引田は体験型、丸亀城は景勝地です。

ソルトレイク引田

瀬戸内海はハマチ、ブリの養殖が盛んで、ソルトレイク引田では養殖業の学習や、真鯛養殖いかだでの魚釣りが体験できます。釣り上げた真鯛は持ち帰ることができますので、自分が釣った魚を食すという経験も増えます。うちの子は3歳時にここで真鯛を釣り上げたのが釣りデビューでした。養殖いかだなので、大量に真鯛がいて、つれないことは絶対にありません。一回500円なので、魚代としてもお得です。

真鯛養殖いかだでの魚釣り
東かがわ旅ナビから引用

ある程度大きい子供なら、養殖いかだを利用した本格的なフィッシングもでき、ルアーなどでブリやカンパチなどの大型魚をねらえます。

大型魚を狙える釣り堀
ソルトレイク引田から引用

ここのレストラン、ワーサン亭の刺身定食はほんとうにおいしいのでぜひ一度食べてみてください!

HP:http://saltlake-hiketa.co.jp/

丸亀城

いきなりですが、

丸亀城の見どころはお城ではありません!!!

ここの見どころは巨大な石垣。「石垣の名城」とよばれるほど、高く巨大な石垣は圧巻です。

丸亀城
丸亀城HPより引用

ポケモンGOにはまっているときによく上まで行きましたが、結構いい運動になるくらいの高さです。頂上からは丸亀の街並みが一望できます。

高い石垣
丸亀城HPより引用

周辺にはおいしいうどん屋さんがいっぱいありますので、丸亀城で運動した後は、ぜひさぬきうどんを食べてみてはいかがでしょうか。おすすめは肉ぶっかけうどんがおいしくて量が多い、綿谷です。

丸亀城HP:http://www.marugame-castle.jp/

Sponsored Link

愛媛のGWおすすめスポット

愛媛県には超有名観光スポット道後温泉がありますが、道後温泉以外のスポットをご紹介します。

砥部

松山市の南に位置する砥部町では砥部焼の体験や、国内初の人工哺育で育ったホッキョクグマ、ピースがいるとべ動物園があります。

砥部焼体験では手びねりやろくろによる造形から絵付けまでを体験でき、焼きあがった器は郵送で送ってくれます。焼き上がりまではだいたい1か月半くらいです。

砥部焼の造形
砥部陶芸館より引用
砥部焼絵付け
砥部陶芸館より引用

砥部焼製作体験はこちら

石鎚山

四国一高い石鎚山を登山ではなく、ロープウェイで一気に登るハイキングがおすすめです。1450m登った先には願い事がかなうというパワースポット成就社があります。登山するにはまだ体力がないだろうという子供連れでも上りやすいハイキングコースです。

晴れた日には美しい瀬戸内海と中国地方まで見渡せます。

石鎚登山ロープウェイHP

高知のGWおすすめスポット

高知県のおすすめスポットは2つ。また、ゴールデンウィーク頃は初ガツオのおいしい時期でもありますので、高知県の名物「カツオの藁焼きタタキ」がめちゃくちゃおいしいです。特に焼き立ての塩タタキは絶品ですので、ぜひ食べて帰ってください。

やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム)

アンパンマンの作者、やなせたかし氏のミュージアムです。やなせ氏のタブローや貴重な絵本原画などを通して「アンパンマン」の世界を体感できるアンパンマンミュージアム、ライフワークのひとつである雑誌『詩とメルヘン』の作品を鑑賞できる詩とメルヘン絵本館があり、漫画や絵本、詩、イラストなど幅広く芸術文化を体験できます。

ジャイアントだだんだん
株式会社アレグロより引用

巨大ダダンダンやアンパンマンのモニュメント、アンパンマンの遊具がたくさんある芝生公園があり、小さなお子様は大興奮です。うちの子もしばらく次アンパンマンミュージアムいついくの?ってずっと言ってました。それほど子供にとってはインパクトのあるスポットです。

アンパンマン公園
やなせたかし記念館フェイスブックより引用

香美市立やなせたかし記念館HP

室戸ユネスコ世界ジオパーク

四国の南東の端っこにある室戸岬にある室戸ユネスコ世界ジオパーク。パークといっても一つの施設があるだけではなく、室戸岬一帯を指します。ジオパークでの楽しみ方は海洋深層水プールに入ったり、自然体験をしたりと様々なので、まずはジオパークセンターに行ってみましょう。

ジオパークセンター
室戸世界ジオパークセンターから引用

センターに行けば、スタッフがどういった楽しみ方をしたいか、ヒアリングをしてくれたうえで、おすすめのプラン、たとえば自然科学にどっぷり理科ジオコースなどを紹介してくれます。

近隣にはリゾートホテルもありますので、パパと子供は体験学習、その間ママはエステ&スパみたいなこともできます。

室戸世界ジオパークHP

まとめ

四国のゴールデンウィーク穴場スポットをご紹介しました。どこに行っても普段できない体験ができ、思い出に残る旅行となることは間違いないので、ゴールデンウィークはぜひ四国に遊びに来てください!

 

 

旅のはなしカテゴリの最新記事