はじめての投資には仮想通貨をおすすめしない理由と初心者が気を付けること

はじめての投資には仮想通貨をおすすめしない理由と初心者が気を付けること

仮想通貨投資 はじめて

世の中には様々なジャンルの投資が存在します。

投資信託、株、FX、商品、不動産、仮想通貨・・・

はじめて投資をする方はとっつきやすさから、株やFX、仮想通貨を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

ちなみに、僕がはじめての投資先として選んだのはFXでした。

でももし、このブログを読んでくださっている、あなたがはじめて投資をするなら、仮想通貨はおすすめしません!

なぜおすすめしないか、もしどうしても仮想通貨投資をやりたい場合は何を注意すればいいのかお伝えできればと思います。

Sponsored Link

仮想通貨をおすすめしない理由

仮想通貨をはじめての投資先としておすすめしない理由は3つ。

投資の初心者はこの理由を回避するのが難しいのでは?と考えます。

もっというと、株やFXなら投資をするうえで意識する必要がないことを仮想通貨投資では気にしなければダメです。

ボラティリティの高さ

一つ目の理由はボラティリティ(価格変動率)の高さ。

仮想通貨は一日で平気で30%動きます。

100万円が一日で70万円になったりします。

投資に慣れてくると、このボラティリティの高さが魅力だったりするのですが、初心者はあまりの資金の暴落具合にビビってしまい、下げ切ったところで手放してしまうことが多いです。

さらに仮想通貨ではレバレッジ取引も出来てしまいます。

レバレッジ取引とは少ない資金で多くの仮想通貨を取引することができますので、利益も損失も大きくなります。

例えば証拠金100万円、レバレッジ10倍で10BTC(1000万円分のBTC)取引した場合、30%価格が動いたら、300万円儲かるか、100万円失うかです。。。

コチラの画像をご覧ください。

http://bitcoin-channel.biz/bitcoinfx/sleepより引用

通常はロスカットといって、投資家の資産がマイナスにならないように証拠金の維持率が一定を下回れば強制的に決済されます。

価格の急激な変動時はサーバーが不安定になり、ロスカットが間に合わず追証が発生する(証拠金以上のマイナス)リスクがあります。

僕も当初はこのボラティリティにやられ、損切を繰り返してしまいました。

セキュリティ対策の難しさ

2つ目の理由はセキュリティ対策の難しさ。

株やFXなどは、開設した口座に資産を預けっぱなしで何も問題ないですが、仮想通貨の場合は取引所の口座に仮想通貨を置きっぱなしにすると、不正アクセスやハッキングにより資産がなくなってしまうというリスクがあります。

coincheckから500億円以上の仮想通貨NEMが流出した事件は、記憶に新しいと思います。

詐欺が多い

3つ目は詐欺の多さ。

株の場合、未公開株の詐欺(上場したらめちゃくちゃ上がるから今のうちに買っておきましょうってやつね)もあるにはありますが、これをやった奴は逮捕されます。

でも仮想通貨の場合はまだまだ法規制が行き届いておらず、ICOという資金調達方法を利用した詐欺まがいの行為がめちゃくちゃ横行しています。

ICOに投資して当たればすごく大きなリターンを得ることができますが、95%は詐欺だといわれています。

Sponsored Link

仮想通貨初心者が気を付けること

それでもどうしても仮想通貨をはじめての投資先に選びたい方、選んでしまった方向けに、投資を続けるにあたり気を付けてほしいことをまとめていきます。

資金管理を慎重にする

僕もそうでしたが、投資の初期は資金管理がへたくそです。分割で購入したり投資余力を残すといった買い方をせず、現状の価格で全力買いをする!みたいな買い方をしてしまいがちです。

これをしてしまうと、想定以外に価格が下がった場合、塩漬けにするか損切する以外に打つ手がなくなってしまいます。

超有名投資家であるジョージ・ソロス氏の格言に

「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ」

というものがあります。

投資に慣れていない初期のうちに、すべての資金を失ってしまっては元も子もありません。

手元に資金が残っていれば、ナンピンやFXを使ったショートなどで損失を軽減できたり、場合によっては利益を出すチャンスが生まれます。

初めのうちは、投資資金の最低50%は常に手元に残すように購入することをおすすめします。

相場は戻るので狼狽しない

相場は常に上下します。特に仮想通貨は市場全体としても成長することが予想されています。

買いポジションを取って逆行しても、すぐには売らず、損切する場合でもナンピンで薄めることをおすすめします。

ただし、この方法がとれる通貨は限られていますのでご注意を。

草コインとよばれる通貨は下落したっきり戻らないことも多いので、今自分が投資している通貨がどういった性質のものなのかよく判断して投資することが大切です。

ビットコイン、イーサリアム、リップル等の有名コインであれば、価格の幅を大きくとったナンピンは有効ですので、研究してみてください。

ICOに投資する場合は本気で精査する

詐欺のところでも書きましたが、まともなICOは5%にも届きません。

年間数百件のICO案件のなかから、将来有望なコインを見つけ出す必要があります。

その通貨じゃないと実現できないのか、開発陣営はどうなのか、上場先はきまっているかなどチェックする情報は多岐にわたります。

ICOで利益を上げるのは相当な情報精査力と運が必要となりますので、twitterやホワイトペーパー(ICOを実施するにあたっての目論見書みたいなもの)をよく読んで判断していきましょう。

最低限二段階認証、できればコールドウォレットで保管

仮想通貨を購入した後、安全に資産を管理するために、最低限取引所にログインするとき、通貨をトレードするとき、出金するときには二段階認証をするように設定しておきましょう。

ベストはコールドウォレットに仮想通貨を移動して、ペーパーウォレットかハードウェアウォレットでの個人での管理をおすすめします。

Sponsored Link

はじめはみんな初心者

仮想通貨がはじめての投資先としておすすめできない理由と、投資した場合の気を付けるポイントをまとめました。

今、仮想通貨に投資をしている人たちも、はじめは皆初心者でした。

多かれ少なかれ、失敗しながら今の資産を築いているはずです。

過度な心配をすることもありませんので、注意点をよく守り仮想通貨投資を楽しんでください。

仮想通貨カテゴリの最新記事