効率よくマイルを貯めるためにすべき4つのこと

効率よくマイルを貯めるためにすべき4つのこと

ダイナースクラブの入会キャンペーンで、60000マイルをゲットしたところからスタートした

陸マイラー歴3年、通算獲得マイル24万マイルの僕が効率よくマイルを貯める方法をお伝えします。

 

Sponsored Link

飛行機に乗らないwww

いきなりこんな見出しですみません。。。

いや、乗ってもいいんですが、マイルを効率よく貯めるためには、飛行機にのってマイルを稼ぐというのは費用対効果的にはあまり効率よくありません。

下の表をご覧ください。

ANA東京発着路線

区間 100%
(区間基本マイル)
75% 70% 50% 30%
佐賀 584 438 408 292 175
大分 499 374 349 249 149
熊本 568 426 397 284 170
長崎 610 457 427 305 183
宮崎 561 420 392 280 168
鹿児島 601 450 420 300 180
沖縄 984 738 688 492 295

例えば東京から沖縄までフライトして、貯められるマイルは984マイルです。往復で1968マイル。

比較的安いフライトの特割を往復で選択し、なおかつ時間的に人気のない時間(東京出発がおそかったり、沖縄からの出発が早かったり)を選んでも50380円。

50380円/1968マイル=約25.6円@1マイルあたり

となります。が、これは普通運賃や往復割引運賃での話。こんかいはフライト費用を浮かすために特割でチケットを計算しています。

そうするともらえるマイルに割引率がかかり、東京沖縄で通常1968マイルもらえてたものが

1476マイル

に目減りします。そうすると

50380円/1476マイル=約34.13円@1マイルあたり

となります。

僕は3年で24万マイル貯めました。上の価格を当てはめると

24万マイル×34.13円=約819万円

819万円!!!!

3年間でフライトだけで819万円もの費用が必要となります。

当然払えませんwww

では僕も含めた巷の陸マイラーと呼ばれている人たちは

どうやってマイルをためているのかご説明します。

多分というか、絶対といってもいいですが、陸マイラーたちは大きく分けて

4つのことを積極的におこなってマイルを貯めています。

  1. ポイントサイトを積極的に使う
  2. クレジットカードの入会キャンペーンを利用する
  3. マイルが貯まる効率の良いカードを使う
  4. マイル単価を意識する

では一つずつ解説していきます。

Sponsored Link

ポイントサイトを積極的に使う

 

皆様はポイントサイトというものをご存知でしょうか?

僕は陸マイラーになろうと思うまで知りませんでしたw

普段楽天やYahooショッピングでの買い物や、じゃらんを利用した宿の予約などを行っていると思うのですが、楽天には楽天ポイント、じゃらんにはリクルートポイントがあります。

でも実は、これらのサイトを利用する前に、一つだけ別のサイトを経由するだけで、さらにポイントがもらえます。

そう、それこそがポイントサイトというものです。

有名なところではGポイントやモッピー、ハピタスなどがあります。

これらのサイトを経由するだけで、ショッピングサイトでもらえるポイント+ポイントサイトのポイントがもらえるのです。つまり、一回の消費行動でもらえるポイントが2倍近くになります。

さらにそのポイントは別のポイントサイトを経由して最終的にマイルに変えることができます。

どんどんマイルが貯まるポイントサイト、ハピタスの記事はこちら

Sponsored Link

クレジットカードの入会キャンペーンを利用する

皆様はクレジットカードを作るとき、何を気にされていますか?

決済額?VISAやマスターカードなどのブランド?

僕が一番気にしているのは、入会時にいくらポイントをもらえるか(!)ですw

たとえばアメックスゴールドを作りたいなーと思ったとします。

Aのバナーにはこのバナーからの入会者は初年度の年会費無料になるよー

Bのバナーにはこのばなーからの入会者は30000ポイントあげるよー

と書いてあったとしたら、僕なら迷わず、Bのバナーを選びます。

なぜかはこの後、「マイル単価を意識する」でご説明します。

普通に入会するよりお得な入会特典があるカード、SPGアメックスの記事はこちら

マイルが貯まる効率の良いカードを使う

同じ10000円のものを買ったとして、Aカードは50ポイント、Bカードは100ポイントマイルが貯まるよー

ってカードがあったとしたら、だれしもBのカードを使って買い物をしたいですよね?

陸マイラーはできるだけ還元率のよいカードに普段の決済を集約しています。

公共料金や携帯電話代、日々の食費などを一つのカードに集約すると、家族構成にもよりますが毎年100万くらいは払っているのではないでしょうか。

Aのカードでは5000ポイントしか貯まりませんが、Bのカードでは10000ポイントたまります。

年会費がたとえ10000円Bのカードが高かったとしても、僕はBのカードを選びます。

なぜかはこの後、「マイル単価を意識する」でご説明します(しつこい)

マイル単価を意識する

これが実はかなり重要です。

もう一度言います。これかなり重要。

先ほどの例、東京沖縄間のフライトで考えてみます。

特割を駆使して、旅行先滞在時間の短い条件の悪いフライトでも50380円でした。

この区間、マイルを利用した特典航空券だとレギュラーシーズンで往復18000マイル。

つまり50380円/18000マイル=2.79円/1マイル

となり、このフライトのマイル単価は2.79円といえます。

この18000マイル貯めるのにかかった費用が、例えばクレジットカードの年会費30000円だけだったとしたら

30000円/18000マイル=1.66円/1マイル

となり、普通に航空券を購入するより安く飛行機に乗ることができます。

これは国内線でのマイル単価となり、国際線ではさらにマイル単価がアップします。

例えば東京ホノルル間のエコノミークラスの往復航空券は120060円、同区間のレギュラーシーズン特典航空券は40000マイル。

120060円/40000マイル=3円/1マイル

となり、先ほどのマイル単価1.66円で貯めたマイルを使えば普通に買うよりさらにお得になります。

今回はクレジットカードの入会に絞って説明しましたが、たぶん僕のマイル単価は0.3円くらいのはず。多分。

陸マイラー活動をちゃんとやってれば、だれでもこれくらいの単価まで抑えることはできます。

足りないマイルを購入する方法とは

まとめ

いかがでしたか?

結構めんどくさいんじゃね?と思いました?

そうなんです。ちょっとめんどくさいんです。でも、ちょっとだけめんどくさいことをするだけ

3年間で24万マイル

貯めることができました。ちなみにマイル単価3円で計算すると、72万円!!

ちょっとめんどくさいことにかけた時間は3年トータルで2時間あるかどうか。

時給換算で36万円ですか。。。我ながら陸マイラーって効率いいww

ということで、次回からはやるべきことをもっと踏み込んでご説明させていただきます。

お読みいただきありがとうございました!

マイルカテゴリの最新記事