ちょびリッチからGポイントへのルートが開通!最速でANAマイルが貯まる!

ちょびリッチからGポイントへのルートが開通!最速でANAマイルが貯まる!

陸マイラーが効率よくANAマイルを貯めることができる新ソラチカルートですが、ひとつ欠点があります。

それは、ANAマイルを獲得するまでの期間が非常に長いということ。

コチラの記事でも書きましたが

最短でも103日かかってしまいます。

しかし、とんでもない朗報が舞い込んできました。

なんと、ちょびリッチからGポイントへの移行ルートが開通!!

このルート開通により、新ソラチカルートでのANAマイル獲得期間が大幅に短くなりましたので、お伝えしていきます。

Sponsored Link

LINEポイント経由新ソラチカルートのおさらい

まずは新ソラチカルートのおさらい。

以降手順はこの図のような感じになります。

以降日数は最短103日。3か月以上かけて、ポイントをANAマイルに変えていく感じです。

それぞれ移行の締め日が定められており、それを過ぎると1か月間ポイントが移行できなくなるので注意が必要です。

googleカレンダーやリマインダーに締め日を登録しておいて、ルーティンワークとしてこなしていくことをおすすめします。

Sponsored Link

ちょびリッチからGポイントへのルート開通

ではちょびリッチからGポイントへのルートが開通した場合、どれくらい短くなるのでしょうか。

イメージとしてはこんな感じ

PeX、ワールドプレゼントポイントを飛ばすことができますので、これらの期間をまるまるショートカットできます。

ハピタスやちょびリッチなどからPeXへの移行にかかる日数は3営業日。

PeXからワールドプレゼントポイントへの移行日課る日数は25日。

併せて約1か月間マイルに変えるための日数を短縮できるようになります。

最短73日でANAマイルに変換

ちょびリッチからGポイントへ移行できるようになったおかげで、約一か月間ANAマイルへの変換日数が少なくなったおかげで、最短73日間と、旧ソラチカルートと同じくらいの日数でANAマイルを獲得することができるようになりました。

これで旅行から逆算してマイルを獲得しやすくなりましたね!

Sponsored Link

ちょびリッチはポイントサイトとしてどうなの?

ではそもそもちょびリッチはポイントサイトとしてはどうなのでしょうか。

Gポイントへ直接ポイント移行できるもっぴーやハピタスと比べると、ちょびリッチの強みは

  • クレジットカード案件に強い
  • 100%還元案件が豊富
  • モニター案件が多くある

という点が挙げられます。

特にクレジットカード案件は、どこ得で調査しても、ハピタスやモッピーよりポイントを多くもらえることがよくありますので、新規クレジットカード発行案件をこなす場合は、僕もよく利用します。

ちょびリッチからGポイントへのルートまとめ

この記事ではちょびリッチからGポイントへの移行ルートを解説しました。

100日程度かかってしまう、LINEポイント経由の新ソラチカルートのデメリットがほぼなくなりますので、今までハピタス経由でポイントを貯めていた方は、この際、ちょびリッチも登録することをおすすめします。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

マイルカテゴリの最新記事